カテゴリ:野菜の花( 2 )

牛蒡の花 Part2

Wikipedia2017年7月15日(土)

暑中お見舞い申し上げます



前回の牛蒡の花の続きです

牛蒡を袋栽培にして取り残したものから
春先に芽が出てぐんぐん伸びて1メートル位の背になりました

その牛蒡の木に
小さな栗の様なイガイガの蕾がついて
中心が白く開いて来た状態の頃に前回載せました

その中心に白い花が咲くのか赤い花なのか
期待して見守っていました
  
結果は少し前から赤いあざみの様な花が咲きました

丸いイガイガは結構硬くて
ギュッと握るには痛い感じです

ブロ友の野菜tukuriさんがコメントで

『アザミに似た花で咲いた後の実は悪戯に最適です(笑)
でもそれは子供の頃の事ですが
投げつけて服にくっつけました
そうそうマジックファスナ〜を考えた人は牛蒡の実が
ヒントになったのでは?(笑)』


この様に教えて下さりまた一つ学びました

Wikipedia より抜粋しました

歴史[編集]

面ファスナーは、スイスジョルジュ・デ・メストラル (George de Mestral) が1941年アルプスを登山したとき、自分の服や愛犬に貼り付いた野生ゴボウの実にヒントを得て、1948年に研究を開始した。1951年特許出願し、1955年に認定された。
1952年にはスイスに Velcro S.A. が設立され、面ファスナーを生産する一方で、各国企業にライセンスしたり現地法人を設立したりしてベルクロの名で生産させた。





d0323231_08532006.jpg
d0323231_08532329.jpg
d0323231_08532715.jpg

牛蒡の花 Part1はこちらに









[PR]
by asahinahikari | 2017-07-15 01:00 | 野菜の花 | Comments(12)

牛蒡の花

2017年7月1日(土)

2017年の下半期の始まりは牛蒡の花から

昨年牛蒡の袋栽培に初めて挑戦して

タコ足では有りましたが香りの良い牛蒡が収穫出来ました

その袋の中に取り残しがあったようで春先に袋の中で芽が

牛蒡の花は見た事がないのでどんな花が咲くのか興味津々で

その袋を3ヶ月放置して花が付くのを待ちました

その牛蒡は1メートル程の背丈になり木立生で

緑色のトゲがあるあざみのような花が付いて来ました

検索してみると

中心が紫色であざみの花と似ていました

これからこのトゲ状の中心が紫色になって来るのか

もう少し観察を続けます


d0323231_17310176.jpg
d0323231_17305795.jpg
d0323231_17314151.jpg
d0323231_17305252.jpg

3月29日に袋の中に芽が出ているのに気が付きました

d0323231_17571958.jpg

ゴボウは漢語で『牛蒡』と書き
その根が牛の尻尾に似ているところからだそうです

牛蒡の花言葉は
『私に触らないで』『用心』『いじめないで』

随分インパクトのある花言葉ですが
花を見ると分かる気もします
トゲの花です






[PR]
by asahinahikari | 2017-07-01 10:00 | 野菜の花 | Comments(20)