「ほっ」と。キャンペーン

南紀旅行計画中



d0323231_1128916.jpg



妹夫婦と南紀へ旅行計画中

日程は7月8日から10日まで2泊3日の予定で、伊勢神宮、那智勝浦、青岸渡寺、那智大社、熊野古道、高野山、奈良、の観光に行こうと思っています。

車で行きます。走行距離は約 1200キロ!二人運転で行ってきまーす。


妹夫婦とは過去に

西日本周遊旅行(倉敷、広島原爆ドーム、安芸の宮島、錦帯橋、出雲大社、松江城、鳥取砂丘、天橋立、 伊根の船宿、小浜、近江)へ、この時は高速料金¥1000が通用した時だったので、三日間で高速料金が1万円位で行けちゃった、、、、

d0323231_12541169.jpg


d0323231_13221287.jpg


d0323231_13494988.jpg


昨年は信州へ桜の時期に温泉と桜を見に2泊3日で、、、、
渋温泉と鹿教湯温泉に泊まり、松本城、小布施、塩田平、別所温泉、上田城趾、海野宿、懐古園と盛り沢山のスケジュールで信州の桜を満喫しちゃったね!


d0323231_14451246.jpg


A 松本城         小雨が降っていた
B 海野宿         歴史的重要建築物指定
C 上田城趾        2度目の来訪、桜がきれいだった
D 国宝 大法寺      穴場のスポット
E 善光寺         お礼参りをかねて
F 前山寺五重塔      未完成の重要文化財
G 懐古園からの信濃川   桜がきれいだった


今年の桜は新潟まで行って来ました。この時も妹夫婦と一緒!

高田公園の夜桜は最高でした。

d0323231_1511172.jpg





バーバのつぶやき

昨日のブログ、収穫のトウモロコシの写真を見て、2番目の小学校6年の孫からメールで一句寄せられた。嬉しーemoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gif

収穫の トウモロコシが 食べ
たいよ

今度採れたらあげるね!
[PR]
# by asahinahikari | 2013-07-04 15:22 | 旅行 | Comments(1)

初めての一本

d0323231_12555878.jpg


本日の収穫です。トウモロコシが一本加わりました。味見の為の収穫ですが!

昼に試食したらとても甘かったーでーす。emoticon-0102-bigsmile.gif



バーバのつぶやき


昨日中学生なった一番上の孫からメールが来ました。ブログを読んだ報告にほめ言葉が添えられていました。いつもは私が褒めていたのに、いつしか立場が逆転!孫の成長に乾杯!
[PR]
# by asahinahikari | 2013-07-03 13:05 | 菜園 | Comments(1)

ハナミズキの再生


今日は外に出ると夏の日差しが強いのですが、家の中にいると風が入ってきて過ごしやすいです。

今年になって庭のハナミズキの様子がおかしいと思っていたのですが、春になって花芽も膨らまずとうとう枯れてしまいました。この花は昭和51年に植えて3度の移植にも耐え、毎年美しい白い花を咲かせてくれました。又、この木からはシジュウカラが8羽巣立ち、逆三角形の姿は真夏の日除けにもなって我が家のメインツリーでした。残念です!其処でこの木の美しさを利用して花を咲かせようと考えたのです。


d0323231_15275228.jpg


娘の家の庭に咲く宿根の朝顔を植える事にしました。この朝顔は成長が旺盛で沢山の花が咲きます。
その株を分けて移植したらどうにか活着したようです。今年は何処まで伸びるか楽しみです。

一番したの孫の男の子が毎日花の数を数えて報告してくれます。うれしいなー!

d0323231_15432668.jpg



夕方、キュウリとインゲンを収穫に出かけると、溜置の水がなくなっていたので、川から水を汲む余分な仕事をしてきました。この仕事とてもハードなんです。それなのに防犯パトロールに今から行かなくては!
40分位町内を歩いてきます。
[PR]
# by asahinahikari | 2013-07-02 15:52 | | Comments(1)

庭の花



ブログ公開3日目です。

今日から7月です。半分すぎちゃったー!富士山の山開きなど夏の季節となります。ニュースでは富士山が世界遺産と成り結構な数の人が登るようです。もう30年も前の事ですが、我が家も小学生だった子供を連れて登山をしました。朝方富士山の5合目を出発して頂上に着いたのが午後2時頃、帰りは須走を駆け下りたのを記憶にしています。山小屋に泊まらず登ってしまう弾丸登山というのをやってしまいました。
この年は庚申の年で私達が登った一週間後に落石事故が有って、後に怖い思いをしたのが思い起こされます。あの頃は若かったので結構無茶な事をしました。いまじゃーもー、、、、、、ジジ.ババ


d0323231_1544533.jpg
先ほど庭に出て気がつきました。medakaさんのブログに八重のドクダミの事が記されていましたが、我が家にも有ります。でも花は終わってしまいました。それから斑入りのドクダミが赤みを帯びて今一番きれいです。

d0323231_1546554.jpg










この花はミントです。よく見るとてんとう虫の小型版が止まっています。

d0323231_15461315.jpg
















ラベンダーにシジミ蝶みたいな可愛いい蝶がとまっていました。ラベンダーの香りに誘われたのかな?
















d0323231_15435262.jpg

一本の親のひまわりから種を採り今年蒔いたのですが、ごらんのようにレモン色とオレンジの2色が出ました。ひまわりはいつ見ても可愛いお花ですね!畑に一杯咲かせました。


 
[PR]
# by asahinahikari | 2013-07-01 16:27 | | Comments(1)

梅干しとラッキョウ漬け


今年も梅とラッキョウが6月の初旬に採れました。梅は豊作で8,5kg(我が家の記録)の収穫、ラッキョウは思ったよりこぶりで3kgでした。梅は4kgを梅酒に2,5kgを梅干しに2kgを梅ジュースにしました。梅干しは市販の南高梅6kg買い足しました。

ラッキョウ漬けの作り方

d0323231_10154399.jpg


材料(ラッキョウ1kgに対して)
1 水  200cc
2 酢  250cc
3 砂糖 150g
4 塩  30g  (減塩済み)
5 みりん60cc  

お好みで鷹の爪蜂蜜昆布を入れても良い、私は鷹の爪昆布を使用

材料1〜5を一緒にして沸騰させる

ラッキョウはアマ皮と一番外の皮を剥く。
剥いたラッキョウを消毒とパリパリ感を出す為に湯通しをする。(沸騰した湯の中にざるを使って10秒位入れる)

冷めた調味料の中にラッキョウと昆布鷹の爪を入れてラッキョウ漬けの出来上がり。
後は3ヶ月位待って召し上がれ!


梅干し作り方
d0323231_10212955.jpg


材料
完熟梅           3kg
焼酎          100cc
粗塩(梅の重さの10%) 300g
氷砂糖(梅の重さの10%)300g

しそ入り梅干し
赤ジソの葉 梅の重さの10%〜20%位
粗塩    赤ジソの葉の20%位

梅は洗って一晩漬けて灰汁抜きをする。
梅の汚れを取りながら竹串でへたの部分を取り除く。
焼酎を梅にかけて消毒する、容器も同じようにする。カビ除けになります。
氷砂糖を3等分にする。その3分の1に塩を混ぜる。(氷砂糖はあらかじめ砕いておく)
容器に梅、氷砂糖入り塩、を交互に入れる。塩の量は上を多めにする。
熱湯消毒したおもし(梅の量の1,5倍〜2倍位)をのせて二日位待つ。
梅酢が出てきたら氷砂糖の3分の1を入れ、二日後に同じようにする。
しばらくおいて梅酢が上がってきたら、重しを軽くする。
このとき出てきた汁が梅酢です。ドレッシング等に使うと良いでしょう。
その際梅が隠れる位にしておきます。
赤梅にしたい場合はこの頃シソを入れます。
d0323231_10195135.jpg

葉は丁寧に洗い水分が残らないように脱水して、塩でもむ。
このとき出てきた紫色の汁は灰汁なので捨てます。
しぼった赤じそに白梅酢をかけるときれいな紅色になります。
これを梅漬けの中に入れて重しをのせて土用を待ちましょう。
土用の晴れた日を選び容器から出した梅をざるに並べて干します。
昔から言われるように三日三晩干します。
梅酢は容器に入れて保存し、生姜や大根漬けに使うと良いでしょう。

梅ジュースの作り方
d0323231_11573077.jpg


梅ジュースは簡単です。
梅1kgに対して1kgの白砂糖を入れて4,5日待つだけです。
梅が萎んでお砂糖が溶けたら出来上がりです。
出来たジュースお鍋に入れて沸騰する寸前に火を止めます。
出てきた灰汁を取り除き冷めたらきれいな容器に入れましょう。
5倍くらいのお水と氷で割っていただきます。
夏の飲み物に最高です。
(梅を冷凍しておくとお砂糖の溶け方が違います)

今日は日曜日なんだけどシニア世代は曜日はあまり関係なし!

一番上の孫は友達とディズニーランドへ行ったとか?

男の子の孫達は地域の野球チームで猛特訓中。将来を夢見て?

夫はこのごろ終活とかで断捨離中です。家の中がさっぱりしてきました。

ブログ二日目にして結構書いたので今日はこの辺で!

キュウリインゲントマト、なすを採りに夕方畑に行こうと思います。
[PR]
# by asahinahikari | 2013-06-30 11:49 | 料理 | Comments(1)