カテゴリ:お裁縫( 40 )

大分涼しくなりましたが
今年の夏は猛暑日が続き畑仕事はサボる事が多かったです
もっぱらエアコンの効いた部屋で針仕事に専念していました

↓のショルダーバッグは友人が着物地で作りました
2種類の着物地を剥ぎ合わせてキルティングしたものです
私も作りたいと申し出ると

赤い結城紬と男物の着物地を用意してくれました
結城紬は友人のお母様の着物です


d0323231_19570007.jpg

縫い方手順



A 着物地の幅を縦に8等分します
B 紬の赤も同様に8等分します
C・D 交互に縫い合わせます。縫い合わせる幅は物差しの幅を利用して線を引きます
   今回は少し小さな正方形にしたかったので50センチの物差しで線を引きました
   何枚も縦にはぎ合わせるとずれるので少ない枚数の方が繋ぎやすいです
   交互にはぎ合わせた布を今度は横に5センチ幅で切ります
   一松模様になる様に縫い合わせます(今回は2、5センチの正方形にしました)
   横に12枚縦に13段の列です
F 順序が逆になりましたが市松模様にキルティングをします
E 30センチ幅で8センチ程の無地の布を縫い足します
 22センチのファスナーを別布につけたあと本体に縫い合わせます
  
 肩ひもを脇につけてから、内ポケットを付けた裏地を手で縫い合わせました
 

d0323231_19564673.jpg

横28センチ×縦20センチの大きさのショルダーバッグです
この次は外ポケットをつけて作ろうと思います

d0323231_19570887.jpg


もう一つのバッグ

LONGCHAMPのトートバッグの形を真似て作って見ました
両サイドに引き手をつけたのですが
かっこ良く出来なかったので外しました

素材は黄八丈と男物の袴の布地です
ボタンは昔のスーツについていたボタンです
お気に入りになりそうです

d0323231_19572491.jpg


ようやく涼しくなって来たので

遅れている種まきもしなくては〜






[PR]
by asahinahikari | 2018-09-11 21:31 | お裁縫 | Comments(8)
節分の頃は蕾も硬かったのに一週間も過ぎると
寒空に凛とした花が開き始めた庭の白梅

日本海側では大雪も降って大変な地域も多い中で
こちらは春がそこまでやって来ている様です


d0323231_21510128.jpg


外はまだ寒いので家の中での針仕事をしています
最近は帯地を使ってバッグを作るのに嵌っています

ピンクのトートバッグは
手書きの模様が入った名古屋帯の無地の部分と
柄の帯地を市松に縫い合わせて
表側にポケットをつけました

赤茶のバッグは
半幅帯で開くと柄と無地の二本になったので
接いで縫い目をグログランテープで隠しました
裏地も絹地の帯にしたのスベスベで良い感じです
でも色と柄が今ひとつ気に入りません (^。^)

その点お裁縫友達が作った帯地のバッグ素敵でしょう
とても上等な帯地です
私が欲しそうにしていたらお友達が下さいました
嬉しいです


d0323231_21510684.jpg

d0323231_22181780.jpg





[PR]
by asahinahikari | 2018-02-12 22:58 | お裁縫 | Comments(6)
年が明けて一週間
今年一年の無病息災を願って今朝は七草粥を作りました
七草粥といっても畑のスズシロとスズナだけでのお粥です

残りのセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザは無しです



そして今日は
昨年の暮れから作り始めた吊るし雛51個が仕上がりました
後は組紐に付けて吊るすだけです


作り方 → 七宝まりは中心に吊るします

51個の雛にはそれぞれ謂れが有ります
私が作った雛と同じ様な吊るしの謂れが詳しく
こちらに載っていますので参考に〜

d0323231_21031267.jpg

お花の雛には美しい心の優しい子に育ちます様に願いを込めて

d0323231_21030611.jpg

鳥は高いところを飛びますので吊るす時は高い位置に

d0323231_21033747.jpg


筍やエビ・鯛などは地中や水の中にいるので下の方に吊るします

d0323231_21024053.jpg


d0323231_21031996.jpg


今年の干支の戌と子供達

d0323231_21032980.jpg

季節の果物5種類です

d0323231_21025230.jpg


d0323231_21025983.jpg

三角は薬包紙や富士山をイメージに
富士山のイメージならば上に
今回は鈴をつけて一番下に吊るします

d0323231_21022606.jpg


毎年同じ型紙で作るので同じ様な雛ばかり
でも行く先が違うので良しとしましょう

今年の吊るし雛は母の3回忌に菩提寺に寄贈します









[PR]
by asahinahikari | 2018-01-07 23:56 | お裁縫 | Comments(24)
天高い秋空が恋しい
もう雨はいらない

声を出して叫びたく成る程雨の多い日々が続きます
今日はやりかけてあったスラッシュキルトのバッグを仕上げました

この形のバッグがとても使いやすいのです

d0323231_22003795.jpg

スラッシュキルトバッグの作り方です

d0323231_21291392.jpg

今回は黒の羽織をほどいた布地を使います
表地に黒のシーティングを同じ大きさにして3枚を重ねます









d0323231_21291363.jpg

7、8ミリの幅で等間隔にミシンをかけます











d0323231_21291436.jpg

ミシンの縫い目の真ん中をハサミで切ります
この時に表地と下の3枚の黒のシーティングの上2枚を切り一番下の布地は残します

全部切り終わったら洗濯機にかけます

中の布地が見えて厚みの出た布に変身です




                       
d0323231_21291483.jpg

出来上がった布の写真を撮り忘れ
地紋の柄が残らず真っ黒になってしまいました

スラッシュキルトをした表地をバッグの型紙通りに裁断します





d0323231_21291336.jpg

市販品で皮のパイピングが見つからなかったので手作りです









d0323231_21302635.jpg

パイピングをしつけで止めます










d0323231_21303037.jpg

しつけをしたパイピングを中心に挟んで中表でバッグの表地を縫い合わせます









d0323231_21291472.jpg

見返しに磁石の留め金を先につけます










d0323231_21291364.jpg

裏地に見返しとポケットをつけて中表にして縁を縫い合わせます
その時に脇の10センチ位は縫わずにおきます。返し口です
表に返した状態です






d0323231_21291404.jpg

表地と裏地を中表に合わせてバッグの口の部分を縫い合わせます
その時にパイピングも挟んで縫い合わせます








d0323231_23134173.jpg

裏地の縫わなかった返し口からバッグの表地を取り出します








d0323231_21291413.jpg

返し口から取り出すとこんな感じです
返し口を縫い合わせます
裏地を中に入れます








d0323231_23313026.jpg

市販品の取っ手をつけて出来上がりです

















[PR]
by asahinahikari | 2017-10-29 23:59 | お裁縫 | Comments(16)

雨降りなので手仕事を

今日は朝からしとしと雨模様
夏日から一気に11月の気温になってしまい
上着を一枚重ね着です

昼食にパンが食べたくなったので
ホームベーカリでパン生地を作り
見よう見まねの菓子パン作り

あんぱん・レーズンシュガー・ソーセージパン
あんぱんは既成のあんこが手元にあったので簡単でした
ソーセージパンはイメージでは
自家製のトマトソースと明太子マヨを使って
綺麗に整形出来る筈が発酵段階で広がってしまいとても難しい
レーズンシュガーはレーズンを中に織り込みシュガーを振りました
こちらも整形が今ひとつ良くない

もう少しネットなどで作り方を勉強すれば良かったです

形は悪くてもお味は合格点でした (^з^)-☆

d0323231_18533781.jpg

午後からは布遊び
着物地にキルトをして少し厚手にして作りました
端切れでアクセントを付けたポーチです
保険証やお薬手帳を常々入れておくのに使います

d0323231_18534084.jpg


明日からプロ野球のクライマックスシリーズ
阪神球場も雨になりそう
試合開催権は阪神に有るそうです

DeNAファンとしては晴れて欲しいです





[PR]
by asahinahikari | 2017-10-13 20:01 | お裁縫 | Comments(16)
8月だというのに涼しい日が続いています
天気予報では月末頃からまた猛暑になるとか
おかしな天候に引き回されて身体がついて行きません

押入れの中には集まってしまった布地が沢山眠っています
少しでも減らしたいと思って
今日は着物地でティッシュボックスを作ることにしました

少し厚手にしたいのでキルティングをしました
レースもリボンも眠っていたものです

少し地味でしたね

d0323231_22025715.jpg

もし良かったら参考にしてください

d0323231_22020510.jpg

パイピングで縫い目を整えます

d0323231_22242765.jpg
d0323231_22242717.jpg












大きいボックスや小さいものにも対応する大きさです

d0323231_22242736.jpg
d0323231_22263530.jpg













なんとなく甘いものが食べたくなって
こちらもキッチンにあった寒天と缶詰で
クリームあんみつを作っておやつにしました

d0323231_23132836.jpg


追記

平成29年9月2日

角を丸くした方が見栄えが良いので丸くして見ました

d0323231_10472501.jpg

d0323231_10472856.jpg



[PR]
by asahinahikari | 2017-08-12 23:21 | お裁縫 | Comments(8)
2017年5月21日(日)

友人が作られた手提げバッグを見て一目惚れ
私も作って見たいと友人に言うと
瞬時に材料の布地とビーズを揃えて下さいました

毎日少しずつチクチクと
パッチワークとビーズ刺繍にキルティングと
色々な手法が織り込まれた作品です

d0323231_09263750.jpg





こんな作り方の手順で作りました

まずパッチワークをします
布地を4センチ角で300枚に裁断して
手縫いでは無くミシンでつなぎ合わせました

d0323231_22120876.jpgd0323231_22115848.jpg












上部の黒い部分用に黒絵羽織の布を使ってキルティング

d0323231_22120198.jpg

キルティングの交差した部分に赤で刺繍を

赤い布地にはビーズを縫いつけました

写真を撮り忘れましたが裏に接着芯を貼って
厚みを持たせました

d0323231_22120762.jpgd0323231_22120730.jpg













バッグの中側にポケットをつけて

d0323231_22120885.jpg

磁石のボタン留めをつけました

d0323231_22120429.jpg


取っ手は手持ちのものを使って付けたのですが
革製の取っ手の方が良かった様な気がします








[PR]
by asahinahikari | 2017-05-21 09:34 | お裁縫 | Comments(19)

端午の節句の吊るし飾り

2017年4月9日(日)

桜も満開だというのに
はっきりとしない天候が続き
お花見の満腹感が得られないまま
花散らしの雨にあってしまいそうです

雛の節句の後から雨の日に
作り始めていた端午節句用の吊るし飾りです

兜・鎧・鯉のぼり・菖蒲・柏餅・金太郎・さるっ子
陣太鼓・千成瓢箪・七宝まり・三角


d0323231_15240384.jpg

d0323231_15240586.jpg

端午の節句の飾り物にも願いが

鎧兜は
身を守る道具で誕生した男の子に
身の危険が及ばず安全に暮らせる様にと

鯉のぼりは
黄河の急流の滝を多くの魚が試みたが
登れたのは鯉だけで
登りきった鯉は竜になったという中国故事から
男の子の立身出世を願う意味

菖蒲は
邪気払いの力も有ると言われるので
又菖蒲が武道を重んじるという『尚武』と読み方が同じ事から

金太郎は
元気な男の子にと

千なり瓢箪は
秀吉の馬印です

d0323231_15240042.jpg


ちりめんで作った兜は源頼朝モデルです

戦国武将の兜も色々な形が有り
見ていると面白いです
よろしかったらこちらで
http://rekishiplus.com




[PR]
by asahinahikari | 2017-04-09 21:00 | お裁縫 | Comments(11)

色々と

2017年3月15日(水)

連日夜遅くまでWBCの応援に熱中

本大会までのオープン戦ではどうなるかと心配したものの
蓋を開けて見ると
一次予選・二次予選と6連勝して
アメリカでの準決勝・決勝リーグに
是非ともWBCカップを奪還して欲しいです



妹から使いきれない程のミシン糸を貰ったので
(写真の糸の10倍位有ります)
惜しげも無く好きなお裁縫が出来そうです

まず手始めに娘からのリクエスト
祖母の喪服を使って
スラッシュキルトのバッグを作りました
A4サイズが入るバッグにしてと注文が
入学式の日に使いたいそうです


d0323231_21385459.jpgd0323231_21385437.jpg















d0323231_21385423.jpgd0323231_21385482.jpg

  捨てるつもりで置いていたものの中から、
  古いバスタオルを取り出して
  バスマットを縫いました
  こんな事〜しなくても♪( ´▽`)
  ですね〜〜
  








お土産で頂いた日本手拭いは
ランチョンマットにして
今日の夕食メニュの下敷きに

グラタン皿の中身は先日テレビで見た
ネギのチーズ焼き
一本ネギが丸々太って甘くなっているので焼いて見ました
美味しかったです〜
(少しチーズが焼きすぎですが)



明日からは暖かな天候になる様です

畑に行きます




[PR]
by asahinahikari | 2017-03-15 22:52 | お裁縫 | Comments(6)

雛祭り

2017年3月3日(金)

ずっーと雨が降らないで畑はカラカラ状態
お野菜が可哀想でしたが
昨日の雨でようやく潤いました
雨が上がって今日は暖かなひな祭りとなりました

ジジババの寂しいひな祭りを賑やかにと思って
以前に作った私用の吊るし雛と
今日仕上がった妹用の吊るし雛〜一番左です
全部で204個の雛が吊る下がっています

d0323231_22041777.jpg

このお雛様は娘のお雛様ですが
この内裏雛だけは毎年我が家に飾ります
その当時90歳の伯母が作った手作り雛で
初節句のお祝いに遠路持って来て下さいました
思い出の内裏びなです

d0323231_22033055.jpg

今年は縫った縫った〜お正月から今日まで
ズーッとお雛様を作っていた気がします
今日出来上がったのは3人姉妹の一番下の妹用
パターンはほとんど同じで布だけ少しずつ違います

d0323231_22042533.jpg

しばらく畑に行って無かったので
夕方買い物ついでに覗いて来ました

菜の花や小松菜の花それにブロッコリーなど
食べ頃の脇芽が沢山
明日は妹にお雛様を届けに行くので
お土産に摘んで来ました

d0323231_22284389.jpg

畑の食材も春めいて
大好きな九条ネギとベビーホタテのヌタ
ジジババのお酒の共にして
ささやかなひな祭りのお祝いです

d0323231_22284759.jpg



明日は久しぶりにコーちゃんの応援に出かけます

見に来てのお声がかかりました







[PR]
by asahinahikari | 2017-03-03 23:29 | お裁縫 | Comments(11)

趣味の家庭菜園や針仕事


by 光
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30